成人病とは、乱れた生活習慣によって引き起こされる病気の総称です。 代表的な病気は、「がん」「心臓病」「脳卒中」などです。 第二次世界大戦後、この3つの病気で死亡する中高年の割合が多かったことから、成人病と呼ばれるようになりました。 しかし、生活習慣が大きく関係していることが分かってからは、生活習慣病と呼ばれています。 それでも、未だに成人病は中高年にならないと発症しないと思っている人が多いです。 確かに、中高年になると発症リスクが高まりますが、20代や30代といった若い世代はもちろん、10代の子供でも成人病になる可能性があります。 そのため、成人病は他人事ではなく、自分もなる可能性があると思って生活をしないといけません。 成人病を引き起こす原因は、以下の通りです。 ・食生活の乱れ ・過度なストレス ・運動不足 ・睡眠不足 どれも生活習慣が大きく関わっているのが分かりますよね? この中でも、乱れた食生活は成人病を発症させるリスクを大幅に高めてしまう原因になります。